svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ハドソン・モホーク、『WHO IS AMERICA』に登場したEDMパロディ・チューンを公開

刺される人の声や水洗トイレのサンプルを使用

Mixmag Japan | 17 August 2018

スコットランド人スーパー・プロデューサーのハドソン・モホークは、サシャ・バロン・コーエンのShowtimeシリーズ『Who Is America』のエピソードのために作ったEDM「煽りトラック」のフルバージョンをリリースした。

同番組でコーエンは、刑務所での経験をDJキャリアに繋げようとするキモくてハゲな元囚人、リッキー・シャーマン(aka DJ 5olitary)を演じる。

DJ 5olitaryは、とあるプロデューサーを説得し、フロリダ州フォートローダーデールのナイトクラブSwayに出演するチャンスを得て、「刑務所サンプル」を駆使して作られた阿鼻叫喚トラック「Cell-by-date(feat. スティーヴ、デレック、性犯罪棟の名前知らん奴)」(実際にはハドソン・モホークが制作)をプレイ。トラックは、水洗トイレの音や、卑猥なサンプル、怒り狂った囚人や配膳トレーで他の囚人の頭を叩く音、刺される囚人の声などをフィーチャー。

DJ 5olitaryは、これから頑張っていきたいDJ/Producerにとって重要なステップであるツイッター垢の取得も終えている。

英語音声のみだが、番組の当該エピソードは以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!