svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

デイビッド・モラレス、カニエ・ウエストがベースラインを盗んだと告発

問題のベースラインは最新作「I Love It」に登場

Mixmag Japan | 16 September 2018

グラミー賞受賞プロデューサーにしてニューヨークのハウス・パイオニア、デイビッド・モラレスが、1991年にリミックスしたAlex O’Nealの「What Is This Thing Called Love」のベースラインを、カニエ・ウェストが、同ラッパーのLil Pumpとの最新コラボ「I Love It」の中で使用していると告発した。

動画の中で、モラレスは問題のベースラインを再生し、ウェストのチームから使用についての打診は受けていないと説明。「許可も求められてないし、感謝もされてないし、得するようなことも、印税も、百貨店のクーポンもくれやしなかった」とハウス・レジェンドは語る。「公式に言っておくけど、これは、俺のベースラインだ」。

カニエ・ウェストのチームは、まだデイビッド・モラレスの告発に対して回答をしていない。問題のベースラインを確認するには、以下からモラレスの1991年の作品と、カニエ・ウェストの最新シングルをチェックしてほしい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!