svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

謎に包まれたプロデューサー、BRUXが、儀式的な雰囲気の「PAPER BOY」でダークサイドを探検

「制約なし、ルールなし」の新プロジェクト

Mixmag Japan | 7 September 2018

シドニーの謎に包まれたプロデューサー、BRUXが、ビートとリズム、呪文が渦巻く音のトンネルのようなセカンド・シングル、「Paper Boy」をリリースした。

Flight FacilitiesやThe Aston Shuffleなどともコラボしたことのある同市の重要なエレクトロニック・プレイヤーの一人でもある同アーティストは、Mixmagに対して、プロジェクトは「自分の音楽的嗜好の、よりダークな側面で実験するために作ったプロジェクトで、制約や、ルールなどはナシなんだ」と説明する。

「デビュー・シングルの『I’m Back』は、自分にとっては新鮮な方向性で、ポップな影響からも解放され、自分の声を全く新しい方法で活用することができた。『Paper Boy』では、ダークネスは残しつつ、ヴォーカルのフレージングで、また全然違う実験をすることができた」。

BRUXの最新作はDim Makから今日発売。視聴は以下から可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!