svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

COURTESY、コペンハーゲン・テクノを特集したコンピレーションで新レーベルKULØRをローンチ

デンマークの首都で活躍するテクノ・プロデューサーからの10トラック

Mixmag Japan | 13 September 2018

デンマーク人DJのCourtesyが、Kulør(デンマーク語でカラフルの意味)と命名された新レーベルを本年10月にローンチする。

Kulørがリリースする第一弾は、コペンハーゲンのプロデューサーによる10トラック入りのテクノ・コンピレーション『Kulør 001』。オープニング・トラックは、ニーナ・クラヴィッツなどに支持されるMartin Schackeの一曲だ。

同レーベルについて、Courtesyは「音楽と同じくらい、ビジュアル的な要素にも野心的だ」と説明する。

「音響的に、今、コペンハーゲンでは結構すごいことが起きていて、このコンピレーションがきっかけとなって、たくさんの素晴らしいコペンハーゲン・テクノを発掘してもらえるような流れを作れたら嬉しい」と付け加える。

Courtesyは、プロジェクトの写真とグラフィック・デザインの分野において、それぞれFee-Gloria GroenemeyerとSpine Studioの助力を受けている。

ローンチ・イベントはPercy Recordsが主催し、10月11日にコペンハーゲンにて開催される。

『Kulør 001』の先行予約は、同レーベルのBandcampページから。

トラックリストは以下の通りだ。

A1. Schacke – Automated Lover

B1. Sugar – Drowner

B2. IBON – Forest Car

C1. Repro – Det Går Dårligt

C2. Sugar – Same But Different

D1. IBON – No Sleep

D2. Repro – Hot Led Payoff

E1. Schacke – Designer Of Worlds

F1. Rune Bagge – This Could Be Us

F2. Funeral Future – Heute Nicht

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!