svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

バンクシーの象徴的な絵画が1億円以上で落札された後、短冊に

競売からのバイバイ

Mixmag Japan | 7 October 2018

バンクシーの最も有名な作品の一つ、「Girl with Balloon(風船を持った少女)」がロンドンのオークション(サザビーズ)にて、1億円を超える価格で落札された。

同アーティストの作品として、この値段はそんなに特異なものではないが、その後に起こったことが、会場にいる全ての人々を驚かせた。

作品が落札された直後、アラームが鳴り、ステンシル・スプレーで描かれた絵画がフレーム下部に設置されたシュレッダーによって短冊切りにされてしまったのだ。

この出来事について、バンクシー自身もInstagramに投稿。人々が唖然とする中シュレッドされてつつある絵画の写真に「これぞ落札ならぬ、落殺(超訳)」といった趣旨のキャプションをつけて投稿している。

ブリストル生まれの同アーティストの素性は公式に明らかにされたことがないが、昨年のインタビューにて、ゴールディがファースト・ネームの「ロバート」を漏らしている。このことから、同アーティストがマッシヴ・アタックのロバート・デル・ナジャであると予想している人も多い。

[Via:BBC]

[写真:Sotheby’s]

View this post on Instagram

Going, going, gone…

A post shared by Banksy (@banksy) on


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!