svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

カニエ・ウェスト、反民主党「BLEXIT」のデザインへの関与を全面否定

「MAGA」帽は被ったものの、「Blexit」との関係は否定

Mixmag Japan | 31 October 2018

カニエ・ウェストが、数日前に話題となった反民主党アパレル・レンジ「Blexit」(「Black Exit」を省略したもの)との関与を否定した。

最近のカニエ・ウェストの行動は、保守派コメンテーターであり、トランプの支持者であるCandace Owensが手がけた「Blexit」との関与を簡単に信じさせてしまうものではあった。

「MAGA」帽をかぶり、ホワイトハウスでトランプ大統領と会ったことは事実だが、ラッパーにしてファッション・デザイナーでもある同氏は、ツイッター上にて自らの潔白を訴えた。「ロゴを作った人をCandiceに紹介したんだけど、二人とも自分の名前を使いたくなかったので、俺の名前を使ったんだ」と彼は主張する。「Blexitには関与したくなかった。実際、全く関係ないよ」。

その後、カニエは続けてこうツイートしている。「目が覚めたよ。自分で信じていないメッセージを広めるために利用されていたんだ。ちょっと政治から離れて、クリエイティブに集中するよ!

写真:Andrew Harrer via Getty Images

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!