svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

シドニーのナイトクラブ、ベルグハインのバウンサーをバウンス

因果応報

Mixmag Japan | 30 November 2018

ベルリンの伝説的なナイトクラブ、ベルグハインの入り口を守るクラブランドの保安官、Sven Marquardtが、シドニーのナイトクラブにて、普段客に感じさせていることを体験することになった。

東ベルリン出身のこの男性、世界で最も有名なバウンサーであるだけでなく、世界中で作品が展示される、一流のフォトグラファーでもある。シドニーのゲーテ・インスティトゥートにおける展示を控え、オーストラリアを訪れたMarquardtは、ギャラリー後に、ちょいと繰り出すことにした。

夜も更け、気づけばクラブ入場の列に並んでいたMarquardtだったが、顔面のタトゥーが不愉快との理由で入場を断られてしまった。

目には目を、バウンスにはバウンスを…ということなのかは分からない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!