svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ED BANGER MVベスト10選

同フランス産レーベルの15年に渡る卓越したオーディオ・ビジュアルの歴史を記念して

Mixmag Japan | 7 December 2018

エレクトロニック・ミュージックの世界において、Ed Bangerの功績は大きい。2003年に設立されて以来、レーベル主宰のPedro Winter(ステージ・ネームのBusy Pの方が聞き覚えがあるかもしれない)は、10年以上に渡り、パリのみならず世界中のクラブ・シーンに、極上のチューンを提供し続けてきた。

Justice、SebastiAn、Cassius、Krazy Baldhead、DJ Mehdi、Mr. Oizo、Mr. Flash、Feadz、Breakbotなど、フランス屈指のエレクトロニック・ミュージック・アーティストの宝庫である。

さらに、ミュージック・ビデオにおいても、同レーベルは度々群を抜いてきた。パワーに満ち溢れ、想像力の塊のような作品の数々は、Ed Bangerのサウンドを世に広く知らしめるのに大きく貢献して来た。

YouTubeで100万ビューを超える多数を含め、50以上の公式ビデオの中から、当編集部によるベスト・セレクション10点を一挙紹介する。

VLADIMIR CAUCHEMAR「AULOS」

​DJ MEHDI「SIGNATUNE」

SEBASTIAN「EMBODY」

JUSTICE「NEW LANDS」

MR OIZO「ALL WET」

CASSIUS「GO UP (FT. CAT POWER & PHARRELL WILLIAMS)」

BUSY P「THIS SONG (FT. ANDREW WOODHEAD)」

MR FLASH「BAGHEERA (FT. LADY LESHURR)」

LAURENT GARNIER「JACQUES IN THE BOX (FT. LBS CREW)」

​BREAKBOT「BABY I」M YOURS (FT. IRFANE)」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!