svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ウラジーミル・プーチン、クレムリンにラップを「管理」するようクレムリンに要請

ロシアのラップ・シーンに規制のメス

Mixmag Japan | 18 December 2018

ロシア大統領のウラジーミル・プーチンが、ロシアのラップ・シーンを「管理」するよう、政府に要請した。

ロシアの若者におけるラップの人気上昇に対し、プーチンは文化大臣らにラップを「禁止」ではなく「管理」する方法を模索して欲しいとのこと。

大統領は、「ラップ問題の中核」はドラッグとの関係にあると考えているが、政府がしっかり管理すれば、問題を克服することも可能だと提案する。

この動きに先立ち、ロシア公演が中止になった後に自動車の上でライブ・パフォーマンスを披露して逮捕されたHuskyを含め、ロシアでは多数のラップ・イベントがキャンセルされている。

Husky、本名Dmitry Kuznetsovは、物議を醸した公演中止の後、違反行為で12日間の禁固刑に処された。同アーティストのリリックは、プーチン政権を批判した内容で有名だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!