svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

EDC2010の余波を描いたドキュメンター『THE LAST DANCE』をチェック

アメリカ・ダンス・シーン最後のターニング・ポイントを振り返る

Mixmag Japan | 29 January 2019

2010年にロサンゼルスのメモリアル・コロシアムで開催されのEDCを描いた非公式なドキュメンタリーの最新作、『The Last Dance』がアップロードされた。

Le Liuが脚本・監督を務めたドキュメンタリーは、ニュース映像や、古参レイヴァーのインタビューなどを通して、「アメリカ・ダンス・シーン最後のターニング・ポイント」とも呼ばれる同イベントの物語を紐解いた。

2010年のEDCといえば、15歳の参加者がエクスタシーのオーバードースで死亡し、批判が巻き起こったイベントだ。ドキュメンタリーでは、この悲劇がきっかけとなりEDCが追放されたと同時に、別な動きとして、「画期的な被害縮小プログラム」を確立したロサンゼルス市の体験を追憶する。

Le Liuはインディペンデントの映像作家であり、Insomniac Eventsとは一切関与していない。

ドキュメンタリー長編『The Last Dance』は、以下から全編視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!