svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

砂漠に登場した、TOTOの「AFRICA」を永遠に再生し続けるアート展示

Totoのヒット曲を生み出した大地へのオマージュ

Mixmag Japan | 17 January 2019

Totoの代表曲「Africa」が、同曲にインスピレーションを与えた大陸に建造されたアート展示を通して、永久に再生され続ける。

ナミビア人アーティストMax Siedentopfによって作られたアートは、アフリカ大陸の同国の砂漠に、7つの白い台座のような形で建造された。一番背が高い台座の上にはmp3プレイヤーが設置され、それを取り囲む6つのスピーカーを通して、「Africa」を無限ループで再生している。

Siedentopfは、BBCに対して、自らのビジョンについて「楽曲はループ再生になっていて、展示物は太陽光発電で動作しているので、Totoが永久にプレイされ続けるだ。最大のオマージュとして、この「Africa」は、どうしてもアフリカに展示したかった。ナミビア人の中には、好きだと言ってくれる人もいるし、今までに見た最悪の音響展示物だという人もいるよ。最悪って言われても、褒められた気分になっちゃうけどね」。

地元民の評価は分かれてしまったが、Siedentopfは、同展示物がなるべく長生きしてくれることを望んでいる。「展示物の部品は最大限に耐久性の高いものを使っているけど、厳しい環境に晒され、いずれは風化すると思うよ」。

今の所、Totoの熱狂的なファンは、このユニークな作品を見つけるために、砂漠で探索を楽しめることだろう。

同展示物を撮影した映像は、以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!