svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

DJ CRAZE:「SYNCは友達さ…テクノロジーを享受しようぜ」

スクラッチ大師がSYNC論争に参戦

Mixmag Japan | 9 April 2019

去る週末、DMC世界大会チャンピオンのDJ Crazeがツイッター上でSYNCボタンについての火の論争に油を注いだ。次曲のBPMをプレイ中の曲のBPMに揃えて美しいミックスを補助するSYNC機能は、多くのDJにとって有害な技術と見られている。中には、SYNCの不使用こそDJが守るべき最後の砦とまで考える趣もあるようだ。

そんな中DJ Crazeは、ツイッター上で「SYNCは友達さ…」と発信し、「享受しよう」と訴えかけた。次々とレコードを変えていくスタイルのスクラッチャーとして、SYNC機能は「さらに多くのこと」を実現するためのツールになっている。

(ツイート超訳):「SYNCを使わないDJというのがマジ解せん…2019年だぜ?(中略)SYNCは友達さ…享受しようぜ」

DJ Crazeは、ビートマッチングは基礎技術なので習得すべきだが、「初歩的な技術」、「作曲で言えば拍をカウントできるとかと同レベル」とし、より多くの可能性を実現するために技術を活用するのが得策との考えを示した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!