svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

世界のフェス・シーンに迫るPIONEER DJの新ドキュメンタリー

“Glastonbury”、”Love International”、”Rudimental”などに関わる人々へのインタビュー

Mixmag Japan | 5 April 2019

Pioneer DJが『Under A Strobe Lit Sky』と題された新しいドキュメンタリーをリリースした。同作では、音楽フェスが世界的な現象にまで発展した経緯を振り返る。

イギリス単体でも毎年1000以上が開催され、350万人以上が訪れるようになった音楽はフェスは、音楽業界の中でも最も人気のある催し物の一つとなった。

ドキュメンタリー内では、”Glastonbury”のMichaelとEmilyのEavis夫妻や”Love International”の創設者Dave HarveyとTom Paineなど、世界中のフェス・オーガナイザーや業界のベテランたちがインタビューに回答した。

作品は他にも、Eats Everything、NERVO、そしてRudimentalのメンバーであるPiers AggettやAmir Amorなど、出演者としてのフェス常連も登場する。

30分のドキュメタリーを通して、原始的なシーンから現在の大規模予算のイベントに発展するまでの経緯や、フェスとクラブとの違い、そしてフェスティバルに出演することがキャリアに与える影響などが掘り下げられる。

以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!