svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

BRIAN ENO、『APOLLO: ATMOSPHERES AND SOUNDTRACKS』のエクステンデッド・リマスター版を6月にリリース

アポロ11号による月面着陸の50周年を記念して

Mixmag Japan | 12 May 2019

来たる6月、アンビエントの巨匠、Brian Enoが1983年のアルバム『Apollo: Atmospheres and Soundtracks』のエクステンデッド・リマスター版をリリースする。ディスク1枚分の未公開曲が収録される予定だ。

オリジナルは1969年のアポロ11号月面着陸を描いた長編ドキュメンタリー『For All Mankind』のために制作された。

同アルバムの収録曲は、2012年のロンドン・オリンピックの開会式に使われた「An Ending (ascent)」や、映画『トレインスポッティング』に登場した「Deep Blue Day」など、個別にも各方面でフィーチャーされてきた。

「For All Mankind」と題された2019年版の追加ディスクには、これまで一切公開されたことのない楽曲が11曲収録される。弟のRoger EnoやDaniel Lanoisと共作をするのは1983年のオリジナル版の制作以来のことだという。

『Apollo: Atmospheres & Soundtracks』のエクステンデッド・エディションは、UMCから6月19日に発売。先行予約はこちらから。

[写真:Shamil Tanna]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!