svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

BURNING MANの驚異的な空撮フォトブックをチェック

ドローンと空撮を駆使しWill Rogerが切り取ったBlack Rock City

Mixmag Japan | 4 May 2019

Burning Manの初代運営責任者にしてBlack Rock Cityの創設者の一人、Will Rogerが、今や世界的なイベントに成長したBurning Manの歴史と変遷を振り返るフォトブックを発売する。1990年代の後半、数千人の参加者で始まり、今や毎年70,000人の「市民」が誕生する大規模イベントに成長したBurning Man。今回発売されるフォトブックでは、そのめまぐるしい変遷が詳しく紹介されている。

また同書には、Burning Manの物理的、文化的、そして芸術的な文脈と影響を綴ったエッセイも収録される。

「Burning Manはそこに集った人がその上に創造するための白紙のキャンバスなんです」とRogerは語る。「Burning Manは、共感の空気を作ります。そうすると、運命的な共作や創造力が発生するのです」。

フォトブック「Compass of the Ephemeral: Aerial Photography of Black Rock City」は6月18日に発売予定。先行予約はこちらから。

同書からの写真を数点掲載するのでチェックしてほしい。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!