svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ASCETIC HOUSE、BABY BLUEのデビュー・アルバム『DEATH OF EUPHORIA』をリリース

同アーティストによる初のリリース

Mixmag Japan | 8 June 2019

アリゾナ州に拠点を置くレーベルAscetic Houseがカナダ人アーティストBaby Blueのデビュー・アルバム『Ascetic House』をリリースした。

同アーティストはこれまでSoundCloud上で、Madonnaの「Music」を含め人気曲のエディットを公開してきたが、それらを除けば、この『Death of Euphoria』は彼女にとって初のリリース作品となる。

彼女のトラックは既にYves Tumor、John Beltran、Evian Christ、Lauren Auder、Rabitなどのサポートを受けている。

「アクティビズムについての話題が活発だけど… 私は男が大多数を占める音楽業界で働くトランス女性」とBaby Blueは語る。「このアルバムは死についてのアルバムで、自分への追悼文。トランス女性としての旅路に着く前に書いた、お別れの手紙なの」。

『Death of Euphoria』はあらゆるプラットフォームでストリーミング中だ。「Visage of Truth」の濃厚なビジュアルと、アルバムのトレーラー、そしてアルバムのアートワークは以下からチェック可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!