svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ユーチューバー、スーパーでレイヴを試みた結果、暴行で有罪判決

移動ディスコYouTuberがついにお縄

Mixmag Japan | 11 June 2019

YouTubeでイタズラ動画を配信するDiscoboyが、2018年の9月にスーパーでレイヴを実行しようとしたことに伴い、暴行の罪で有罪判決を受けた。

本名Lee Marshall、34歳の同氏は何十万ものフォロワーを持つソーシャル・メディア上のセンセーションだ。公共の場所に自前の移動ディスコ・セットを運んでレイヴするという芸風のMarshallは、カツラや短パン、派手な衣服といった出で立ちの8人組でポーツマスにあるAsdaというスーパーに押し入りレイヴの実行を試みた。

ちょっとしたお遊びのつもりだったイベントは、セキュリティがMarshallとその一派をスーパーから追い払おうとしてから急速に由々しき事態へと発展していった。その後、「夜間の店長に暴行」を加えたとして、駆けつけた警察がMarshallを逮捕した。

Discoboyが暴行罪で摘発されるのはこれが2回目。前回は、2016年に、同業のオンライン・イタズラ師を引っ叩いた容疑をかけられた。

Marshallは1000ポンドの罰金を命じられた。メディア「The News」の取材に対して、Marshallは「俺から1000ポンド取れる日は永久に来ないよ。そんなの払うくらいなら刑務所に行く」と回答している。現在上告中だ。

事件の様子を収録した動画は現在公開されており、配信主たちは「全て動画に残っている」とし、「店員の顔を殴った」という事実を否定している。

動画は以下からチェック可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!