svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

作曲家MATTHEW KOMA、ZEDDの迷惑行動と評価の掠め取りを告発

Zedd、ブレイク作のアニバーサリーに集中砲火

Mixmag Japan | 6 June 2019

シンガー・ソングライターのMatthew Komaがソーシャル・メディア上にて、グラミー賞受賞プロデューサーのZeddが「極めて迷惑かつ自分勝手な行動」を取っていると告発した。

告発文には、その後Zeddをスターダムに押し上げるのに貢献したコラボ作について詳細な経緯が記述されている。

Komaによると、Zeddは2012年のシングル「Spectrum」に対する同氏の報酬を何年も渋り、その後の作品においても、実際はKomaが作ったメロディーや歌詞についてまるで自分が作ったかのように吹聴したそうだ。後者には、Zeddの受賞アルバムの中で最も有名なシングルの一つである「Clarity」も含まれる。

また、Komaは、『True Colors』と題されたZeddの成功への道のりを追ったドキュメンタリーの中で唯一インタビューを求められなかったコラボレーターであり、Zeddが「Clarity」で受賞を飾ったグラミー賞のセレモニーにも招待されていない。「山のようなお金とヒット曲の数々を手にしたら、少しくらいは心にゆとりもできて、自分の成功に貢献してくれた人を労う気持ちも生まれるもんだと思っていた」、とKomaは語る。

Komaの発言に対すして、Zeddはまだコメントしていない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!