svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

PIONEERのDJM-RECアプリを使ってミックスの権利処理が可能に

著作権管理会社Dubsetのサポートがスタート

Mixmag Japan | 3 June 2019

DJM-RECはPioneerが開発したミックス録音用のiOSアプリだ。今回、大手ストリーミング・サービスに配信できるようミックスの権利処理を施してくれるサービスが新たに開始された。これは、著作権管理会社のDubsetと提携した結果だ。

仕組みはこうだ。まず、ミックスをアプリからDubsetにアップロードすると、著作権に関する分析が実行される。その後、DJは同ミックスをSpotifyやApple Musicを含む音楽ストリーミング・サービスにて合法的に配信可能になる。

そして、これらのストリーミング・サービスでユーザーがDJミックスを再生すると、著作権を所有するレーベルや出版社などに適切なロイヤリティが支払われる。

「今回の提携によって、世界最高のDJ機材会社Pioneerと、DJミックスの合法的な配信の最先端を走るDubsetの力が一つになりました」と語るは、DubsetのCEO、Stephen White氏だ。

「ライブ・パフォーマンスから配信までのシームレスなワークフローは長らく多くのDJに求められてきた機能です。遂に完成しました」。

より詳しくは、Pioneerのウェブサイトからチェックして欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!