svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

FOREIGN BEGGARS、『MATRIARCHY』をリリースし解散

「アルバムを作り始めた時は、ラスト・アルバムになるなんて思ってなかった」

Mixmag Japan | 2 December 2019

5月に18年間のパートナーシップを解消すると発表したForeign Beggarsが最後のアルバム『Matriarchy』を12月13日にリリースする。

全曲Seemore Beatsがプロデュースした12トラック入りのアルバムは、Maverick Sabre、Jammer、Flowdan、Liam Bailey、DRSなどをフィーチャリング。

アルバムについて、Pav(aka Orifice Vulgatron)は「それぞれのソロとしての旅路について、ソロアーティストとしての物語を伝えていきたい段階に達したんだ」と説明する。「TobyとEd(Seemore Beats)は25年近くの付き合いだけど、音楽的に交差する部分も多かったし、彼らのプロダクションは僕の中の何かを刺激して、感情をさらけ出す表現が溢れ出てくるようになったよ」。

Maverick SabreとMali Hayesをフィーチャーしたアルバム収録曲「Kings & Queens」は以下から試聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!