svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

1500名のDJがBYE BYE PLASTICSによる環境フレンドリー宣言にコミット

宣言には、DJブースにおける使い切りプラスチックの使用を禁止する規定も

Mixmag Japan | 16 December 2019

Bye Bye Plasticsの創設者Vivie-Ann Bakosは、DJコミュニティにおける使い切りプラスチック製品の使用を禁止する条項も含んだ「#PlasticFreeParty」に対して1500名のDJから署名を集めた。署名したDJの中には、Richie HawtinやAnnie Mac、Honey Dijon、Cassy、Ben Klock、Pete Tongなども名を連ねる。

Blond:ishの名義でも知られるBakosは、レイブをサスティナブルにするムーブメントを昨年スタートさせ、ナイトライフにおいてプラスチックが大量に浪費されている問題にスポットライトをあてた。今年の前半、Bye Bye PlasticsはInternational Music Summitとパートナーシップを組み、イビザのビーチを清掃する活動も展開した。

Bakosは、「Resident Advisor」内でムーブメントについてこのように説明した。「変化は、ムーブメントが原動力。ムーブメントは、コミュニティとクリエイティビティ、参加、そして理想主義に突き動かされる。これらの集合体に追加するもう一つの秘密の材料、あるいはスーパーパワーが音楽。人と人を結びつける最強の接着剤なの」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!