svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

The Chemical Brothersが2020年グラミー賞で快挙

エレクトリック・デュオが2部門受賞

Mixmag Japan | 30 January 2020

The Chemical Brothersが今年のグラミー賞で2部門受賞した。

多くの楽曲を手掛ける二人は、9作目のスタジオLPとなる『No Geography』が最優秀ダンス・アルバム賞、「Got To Keep On」が最優秀ダンス・レコーディング賞の受賞となった。

他にもBonobo、Flume、SOPHIE、Skrillex等優秀なダンス・ミュージックのアーティスト達がノミネートされていたが、最終的にイギリス出身の二人が賞杯を上げた。

メンバーのTom RowlandsとEd Simonsがグラミー賞を受賞するのは今回が初めてでは無い。1997年「Block Rockin Beats」が最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス、さらに2006年「Galvanize」が最優秀ダンス・レコーディングを受賞。また、2006年『Push The Button』 と2008年『We Are The Nigh』も最優秀ダンス・アルバムに選ばれた。

グラミー賞授賞式ではBillie Eilish、Lizzo、Run DMCらがパフォーマンスを行った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!