svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Aviciiが遺作『TIM』でスウェーデンのグラミー賞を2部門受賞

最優秀エレクトロ/ダンス賞と最優秀楽曲賞

Mixmag Japan | 12 February 2020

Grammis(スウェーデン版グラミー賞)でAviciiの遺作アルバム『TIM』最優秀エレクトロ/ダンス賞、収録曲のAloe Blaccをフィーチャーした「SOS」が最優秀楽曲賞を受賞した。

アルバム制作にあたったプロデューサーの一人Carl Falkは、SNS上で『TIM』の制作に関わったすべての人たちに感謝を述べた。亡きAviciiの父Klasがトロフィーを手にした姿を投稿し、「彼の笑顔がすべてを語っている」とコメントした。Tim Berglingとしても知られていたスウェーデンのプロデューサーAviciiが、自らの命を絶ってから2年が経とうとしている。

この12曲入りアルバムは、Aviciiが生前コラボレーションしたアーティスト達が参加している。Aloe Blaccはグラミーを受賞したリード・シングル「SOS」で出演。この曲は、Aviiciが心の病を抱え苦悩していた精神状態が伺える。Aloe Blaccはこの曲が「Aviiciが残した遺産を讃える重要なメッセージ」が含まれていると話す。

ColdplayのボーカルChris Martinは、Aviiciが2014年から制作を始めた「Heaven」に出演している。Imagine Dragonsもクールでムーディな「Heart Apon My Sleeve」でフィーチャーしている。

Carl Falkは、Aviciiのレガシーの証しとなるアルバムを作るにあたって「身近な人を失う時、喪失感が使命に変わるんだ。Aviciiが久しぶりに音楽作りを楽しんでるっていう気がして、僕らの友情と彼自身を讃える為にもこのアルバムを最高の出来にしたかったんだ。」と以前語っていた。

『TIM』の売上利益はAviciiの家族によって創立された、うつ病患者支援や自殺防止活動をする慈悲団体を支援するThe Tim Bergling Foundationに寄付される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!