svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

リーズを拠点とするRinse FMのDJ、Alex Tが逝去

Paul Woolford、Saoirse、Dimensions Festival がTribe RecordsのスタッフでもあったDJに追悼

Mixmag Japan | 2 February 2020

リーズを拠点とするRinse FMのDJ、Alex Tが病に倒れ急死した。

若干25歳のAlex Theodossiadisは、Rinse FMの専属DJであり、復活したリーズのレコード店Tribe Recordsでも働いていた。

DJやプロモーターとしても尊敬を集め、リーズのクラブWireで行われていたOn Rotationと言うイベントも運営し、近年Courtesy、Roza Terenzi、Ex-Terrestrialらもゲスト出演していた。

Courtesy、Roza Terenzi、Paul Woolford、Mor Elian、SaoirseらDJ達はAlex Tを追悼し、Dimensions Festivalは「Alexの深いやさしさとポジティブなところは、周りにいる皆はもちろん、会ったことのない人達まで伝染していた。彼は誰も真似できないほど、いつも人を応援したり励ましたりしていて、それが今のシーンの理念になっているんだ。本当に寂しくなるよ。」とコメントした。

Paul Woolfordは「Alexと最後にちゃんと話したのはリーズのSalvo’sでランチをした時のことで、噂好きなDJから仕事のできるプロデューサー、彼のレーベルがどうやってリーズのナイトライフを変えられるかと言う事に至るまで、どんな意見を持っているか質問攻めにしたんだ。Alexはエネルギーに溢れていて、変革を起こそうとする姿勢に心打たれたよ。」「知り合って長い時間はたっていなかったけど、リーズのレコード購入者達が彼の影響を受けているのは感じていたし、その影響が地球規模で伝わって行ったから、同業者たちが皆Tribe Recordsにレコードを買いに行ったんだ。これからもっと大きな波を起こせる男だと思ってたけど、もうすでに起こしていたんだって気付いたよ。皆にインスピレーションを与えたんだ。愛してるぜ。」とコメントした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!