svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

マンチェスターのラジオ局がロックダウン・プロジェクト『Remote Rhythm Lab』をリリース

ジューンティーンスにBandcampで公開

Mixmag Japan | 25 June 2020

マンチェスターを拠点に活動するオンライン・ラジオ局Reform Radioが、JägermeisterとArts Council Englandとの協賛で『Remote Rhythm Lab』をプロデュースした。

ラジオ局のレーベルRhythm Lab Recordsより、Bandcampmpのジューンティーンス(6月19日)・セールに合わせてリリースされた。

『Remote Rhythm Lab』は、4人のマンチェスターのアーティストが、それぞれ世界中のアーティストと組み、オンライン上でのコラボと音楽作りに挑戦するプロジェクトだ。

初日の収益はブラック・ライヴズ・マター運動をサポートする団体に寄付される。

マンチェスターで活躍するヴォーカリスト兼プロデューサーのBerry Blaccは、シカゴを拠点に活動する楽器奏者兼コンポーザーのAngel Bat Dawidとタッグを組み、パワフルなメッセージが込められた「George Floyd」を制作した。

Contoursは、ナイロビで活動するのプロデューサー兼サウンド・アーティストKMRUと組み、 Imaginary Partはthe Milanese PLASTICAと、 Ani KlangはDaniel Ruaneとそれぞれコラボした。

各ペアがオンラインで共同制作する様子は、Reform RadioのFacebookで6月26日より配信される。

アルバムの購入はこちらから。

Angel Bat DawidとBerry Blaccによる「George Floyd」は以下からチェック。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!