svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Laurent Garnierの名作、1995年『Mixmag Live』ミックスのデジタル版が初登場

Kenny Larkin、Sven Väth、St GermainらをフィーチャーしたLaurent Garnierのミックスを2020年にリマスター

Mixmag Japan | 16 November 2020

フランス人DJ兼プロデューサーLaurent Garnierによる1995年のミックス『Mixmag Presents: Mixmag Live Volume 19』がオンラインでリリースされた。

St Germainのジャジーなハウス・トラック「Deep In It」から始まり、Lady Bの「The Groove Gets Going」等徐々にハードなチューンへ続く。後半は、Sven Väthの「Ballet-Fusion」、Kenny Larkinの「Catconic (First State)」、DJ Skullの「Target Kill」などのテクノに移り、最後はDrexciyaの力強いエレクトロ「Black Sea」で締め括っている。

ダンスミュージックのアイコンであるLaurent Garnierは、90年代「Crispy Bacon」や「The Man With The Red Face」の世界的に大ヒットで知られる。この1995年の名作Mixmag・DJミックスは、以前はCDのみの発売だったが現在はデジタル・リマスターされ2020年に再リリースされた。

『Mixmag Presents: Mixmag Live Volume 19』の視聴はこちらから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!