svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

パトリック・トッピングが最大級のショーの日程を発表

ヘッドライナーを務めるショーは、マンチェスターで開催される

Mixmag Japan | 4 January 2018

英国のプロデューサー兼DJのパトリック・トッピングが、マンチェスター・アカデミーで開催されるイベント“カルキ-Kaluki”でヘッドラインを務め、今までで最大のショーを開催することを発表した。

ジェイミー・ジョーンズのパラダイス・イビサでレジデントDJとしてレギュラー出演し、ヒット・トラック「Be Sharp Say Nowt」をリリースして成功した彼のショーは見逃せない。
彼は来年3月2日に延長セットを行う予定。チケットはこちらから。

またパトリック・トッピングは1月13日(土)に初来日し、渋谷コンタクトでの出演が決定している。
https://www.mixmag.jp/news/171225_patrick-topping.html

Patrick Topping
イングランド北部に君臨するテックハウスのプロデューサー、パトリック・トッピング。今や世界のトップDJのひとりとして隆盛を極めている彼だが、そのキャリアはニューキャッスルの人気パーティー“Motion”を主催したことに始まる。このイベントで、彼はSven VathやSolomunなどのビッグネームと共演を果たした。それから数年後、トッピングは本当に彼らのような大物と肩を並べることになる。
地元の仲間たちの強烈な支援もあり、瞬く間にイビザへの道を駆け抜け、世界中のオーディエンスに自身の存在を知らしめたのだった。Beatportで7回もトップに立ち、BBC Radio 1から多大なる称賛を受け、国際的な成功も収めている。RAによるDJランクでは現在11位だ。言い換えれば、ここまでの功績を残せば、あなたもイビザのトップに立てるということである。トッピングは、これらを全てやってのけた。最近では、バルセロナ発の<Elrow>を筆頭に世界中のナイトクラブを飛び回っている。自身が所属する“Hot Creations”のレーベルメイト、ジェイミー・ジョーンズと共演することが多く、ジョーンズが主宰するパーティー“Paradise”にもレジデントとして出演中だ。今日のトッピングのDJセットは、ダークでエナジティックな猛々しい内容へと成熟している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!