svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

シカゴ・ハウスのレジェンドTen City、27年ぶりのアルバム

さらにMarshall Jeffersonがグループの名作「Devotion」をリミックス

Mixmag Japan | 6 March 2021

Ten Cityが新アルバム『Judgement』をUltra Musicから6月18日にリリースする。

シカゴの伝説的ハウス・グループであるTen Cityのメンバーは、リードシンガー兼ソングライターByron StingilyとプロデューサーMarshall Jeffersonで、1994年の『That Was Then, This Is Now』以来活動を続けている。

同グループは、Ten Cityらしいソウルフルな最新シングル「Be Free」を1月にリリースしたばかりだ。

アルバム発表と同時に、Marshall Jeffersonがリミックスした1987年の名作「Devotion」も公開され、アメリカでトップ20位、イギリスでトップ30位にランクイン。

「Devotion」のリミックス・パッケージには、ダンスフロアが盛り上がるIllyus & Barrientosによるリミックスも収録されている。

「Devotion」はTen Cityのデビューシングルで、その後も「That’s The Way Love Is」、「Only Time Will Tell」、「Right Back To You」と言ったヒット作を飛ばしている。

また、アルバムは1989年『Foundation』、1990年『State Of Mind』1992年『Big Enough』をこれまでリリースしている。

「Devotion (Marshall Jefferson Remix)」は以下からチェック。

 

Did you enjoy the blog?
Like me!

Get the latest.

Follow Mixmag Japan on Twitter!