svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

LEGOで作られた操作可能なDJコントローラー

実際にプレイするビデオをチェック

Mixmag Japan | 19 March 2021

クリエイティブなミュージシャンLook Mum No Computer(本名Sam Battle)が、操作可能なDJコントローラーをほぼレゴだけで作り上げた。

デンマークのLEGO社は、ケントを拠点とする同アーティストにブロックだけでターンテーブルを作成しビデオで公開するプロジェクトを依頼。

回路基盤、ミキサー、LEDの装飾以外は、スパイラル柄のスリップマット含め全てレゴで作られている。

ケースの外側だけで4000個のブロック、そして電子装置にはレゴ専用のプログラム可能なロボット・システムLEGO Mindstormsを使用。

Look Mum No Computerがこの大作を完成させ、DJ L.L.A.M.Aが実際にプレイしている。

LEGOがダンス・ミュージックとのコラボを行ったのはこれが初めてでは無い。2014年、プログラマーAlex Allmontがレゴでオリジナルのアシッド・ハウスを奏でるマシーンを制作。ベルリンを拠点とするNumode社は、レゴで作ったTechnics 1200等のターンテーブルのカスタム・レプリカを販売。さらにはレゴで作られたレコードショップも存在する。

Look Mum No Computerが、レゴでDJコントローラーを作る様子は以下からチェック。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!