svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

今年最も優れたアルバム・マーキュリー賞のノミネート発表

Arlo Parks、BERWYN、Celesteらがノミネート

Mixmag Japan | 28 July 2021

今年最も優れたアルバムを選ぶ、ヒュンダイ・マーキュリー賞のノミネート作品が発表された。

今年の審査員はAnna Calvi、Annie Mac、Danielle Perry、Michael Kiwanuka、Will Hodgkinsonらが務める。

審査員らはこの賞について、「今年はミュージシャン達にとって大変困難な年であったにもかかわらず、素晴らしいアルバムが多く輩出されたことはイギリス音楽の強さの証です。非常に多くのアルバムから賞を選ぶことになりましたが、選ばれた12作はイギリスの音楽がこれからも多様で活気に満ち、遠大であり続けることを示しています。未来への希望をもたらす12のアルバムの中から勝者を選ぶのは間違いなく困難を極めるでしょう。」とコメント。

授賞式は9月9日にEventim Apolloで行われる。

ノミネート作品一覧は以下からチェック。

Arlo Parks – Collapsed in Sunbeams (写真)
BERWYN – DEMOTAPE/VEGA
Black Country, New Road – For the First Time
Celeste – Not Your Muse
Floating Points, Pharoah Sanders & The London Symphony Orchestra – Promises
Ghetts – Conflict of Interest
Hannah Peel – Fir Wave
Laura Mvula – Pink Noise
Mogwai – As the Love Continues
Nubya Garcia – SOURCE
SAULT – Untitled (Rise)
Wolf Alice – Blue Weekend

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!