svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

インド出身アメリカ在住のモジュラー・プリンセスArushi Jainが遂に本邦初登場!

Leaving Records所属の大器

Mixmag Japan | 5 September 2021

Arushi Jain – 「Richer Than Blood」

インド生まれでアメリカ在住の作曲家、モジュラー・シンセサイザー奏者、ヴォーカリスト、テクノロジスト、エンジニアであるArushi Jain。かつてはOSE名義で自らが創設したレーベル〈ghunghru〉から作品をリリースしていたが、〈Leaving Records〉へと移籍し、本名名義でのデビュー作『Under the Lilac Sky』を完成させた。9月10日に日本版のCDが発売される(一部店舗では先行販売中)。

Arushiは伝統的なインド古典音楽を、エレクトロニック・ミュージックを通して再解釈することに焦点を当てている。スザンヌ・シアニやテリー・ライリーなどの電子音楽の名手たちのスピリットを継承しつつ、自身の音楽的なレガシーや生い立ちを探求しながら、古代の音を現代的な枠組みの中で再構成している。本作は、映画のような意思表示であり、Arushiが音楽の歴史に敬意を表しつつ、大胆なサウンドを提示したアルバムだ。このアルバムは、ヒンドゥスターニー・クラシックとモジュラー・シンセサイザーという2つの異なる文化が融合したもので、インドとカリフォルニアで過ごすうちに、自身の音楽性を構成する2つの部分が1つに結実したことを表している。現代的な電子音楽の中にヒンドゥスターニー音楽の躍動感を引き出しており、モジュラー・シンセサイザー、サンプラー、そして自身の声を使って、アンビエントなテクスチャー、歪んだリズム、幻惑的なグリッチに重点を置いたヒンドゥスターニー音楽の相互作用を作り上げ、極めて独創的なサウンドを構築した。

Arushi Jain – 「My People Have Deep Roots」

本作は日本のみでリリースされるエクスクルーシブなCDである。2019年にサンフランシスコのMEZZANINEでのライヴからピックアップした音源が、ボーナス・トラックとして収録されている。(マスタリングは、レーベルの総帥・Matthewdavidが担当)


■ Arushi Jain 『Under the Lilac Sky』
Release Date: 2021.09.10
Label: PLANCHA / Leaving Records
Format: CD / Digital
Tracklist:
1. Richer Than Blood
2. Look How Far We Have Come
3. The Sun Swirls Within You
4. My People Have Deep Roots
5. Cultivating Self Love
6. Under The Lilac Sky
7. Live at MEZZANINE, San Francisco 2019 (excerpt) [Bonus Track] *ボーナス・トラック1曲収録
*日本独自CD化
*解説付き

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!