svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

【驚異的な充実ぶり】Bandcampがヴァイナルプレスサービスを開始!

既に65カ国のファンに向け、13,000枚のレコードを出荷

Mixmag Japan | 21 January 2021

Bandcamp, Bandcamp レコード, Bandcamp ヴァイナル, mixmag

Bandcampがヴァイナルプレスサービスを開始した。

あるアーティストがレコードリリースのキャンペーンを開始し、目標の枚数に達した場合プレスを開始する。Bandcampがレコードのプレス、パッケージの印刷、ファンへの発送を行うため、先行投資は必要ない(!)。キャンペーンの最低販売枚数は250枚で、500枚と1000枚でボリュームディスカウントが適用される。また、4枚のテストプレスも提供可。

レコードのデザイン、カラー、パッケージのスタイルなど、クリエイティブ周りはすべてアーティストが決定権を持つ。また、既存のデジタル・オンリーのリリースをヴァイナルで再販可能で、完売したレコードを再プレスするオプションも用意しているという。品質についても、Bandcampの運営はこう述べている。「私たちの製造パートナーはヴァイナルプレスに十分な知識を持っており、あなたのレコードが最高の仕上がりになることを保証します」。

マスタリングサービスは含まれておらず、ヴァイナル用の完パケオーディオを提供する必要はあるので、その点には留意。現段階では、キャンペーンが開始されてからヴァイナル盤の納品までの期間は3~4ヶ月と見積もられている。

このサービス開始に踏み切った理由として、それに関して運営側はこう説明する。「Bandcampのレコードの売り上げは急激に伸びています。昨年はサイトを経由したLPの販売枚数は200万枚を超え、前年の2倍を記録しました。そして、レコードを販売しているアーティストやレーベルにとっては、今では全体収益の50%を占めるまでになっています。しかし、2020年にBandcampで販売されたアルバムのうち、ヴァイナル盤を提供しているのはわずか12%に過ぎず、アーティストの潜在的な収益源になり得る可能性を残しています。その原因としては、ヴァイナル生産の初期コストの高さが考えられるでしょう。また、返品対応には信じられないほどの時間がかかることも大きく影響していると感じます。そこで数年前、私たちはより多くの人が簡単にレコードのプレスを始められるよう、本サービスの開発に着手しました。既にパイロット盤として65か国のファンに13,000枚のレコードを出荷しています」。

詳しくはコチラ(英語)をチェック。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!