svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

英国支持No.1エレクトロニック・ミュージックデュオ、バイセップがニューシングル「Atlas」をデジタルリリース

「この曲がリリースされる頃にこんな状況になっているなんてことは、制作をしている時には思いもよらなかった」

Mixmag Japan | 25 March 2020

北アイルランド・ベルファスト出身のエレクトロニック・ミュージックデュオ、バイセップが新曲「Atlas」を公開し、12インチを4月3日にリリースすることを発表した。

ボノボ、フローティング・ポインツやフォー・テットのファンからの支持も得ており、ここ日本では2017年の<朝霧JAM>に出演した経験もあるバイセップ。2018年の『Rain EP』以来となる新曲は、2日間で合計約10,000人の動員を予定していたロンドンのO2アカデミー・ブリクストンでのソールドアウト公演と同週にリリースされる予定だったが、公演は残念ながら新型コロナウイルス感染症[COVID-19]の影響でキャンセルとなってしまった。

この曲がリリースされる頃にこんな状況になっているなんてことは、制作をしている時には思いもよらなかった。その頃はすごくポジティブなマインドだった。ツアーから帰ってきたばかりで、次の段階にいける期待と興奮に満ちていたよ。「Atras」の中では、過去2年間のツアーの間に経験した高揚した状態を反映させたんだ。今となってはかなり遠い昔に感じるけど、このカオスの中でこの曲が少しでも気晴らしになればと願う。 – Bicep

彼らの新しいスタジオで収録された「Atlas」は紛れもなくバイセップらしさのでた6分間のトラックだ。引いては押し寄せる波のようなシンセサウンドに、ブロークンなパーカッション、そしてエアリーなヴォーカルの断片が散りばめられた楽曲は、世界中で行ってきたツアーから着想を得ている。ライブのセットの中で各トラックがどのように機能するかを学び、体験する中で彼らは新たな制作へのアプローチ方法にたどり着いた。

ライブするときに一番楽しかったのは、その曲がどれだけフレキシブルになるかってことだった。例えば、曲の中の一つの要素がその曲の他の要素から独立して、色々な受け取られ方をされ得るんだ。こうやってブレークダウンすることで、その曲を劇的に違う形で魅せることができるんだ。 – Bicep

ものの数分で完売となってしまった10,000人規模のブリクストン・アカデミー公演は日を改めて、ヘッドライナーをつとめるロンドンの<フィールド・デイ>、<プリマヴェーラ>、<パークライフ>などのフェスを終えた後、8月に行われることとなった。DegrauスタジオのとBlack Box EchoのZak Normanが作り出す新しいビジュアルを含む、彼らの生まれ変わった新しいセットはバイセップにとって新たなチャプターとなるだろう。

リリース情報

Bicep『Atlas』
04/03(FRI)ON SALE

label:Ninja Tune

【TRACKLITSING】
01. Atlas

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!