svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

James Blakeファン必見!Janus Rasmussenと〈Ki Records〉のボス Christian Löfflerが共演

Janus Rasmusseは、同郷のポスト・クラシカルの重要人物であるÓlafur ArnaldsとのグループKiasmosが日本でも有名だ。

Mixmag Japan | 23 December 2019

ドイツのアンダーグラウンド・シーンを超えて人気急上昇のレーベル〈Ki Records〉を率いるChristian Löffler(クリスチャン・レフラー)と、Kiasmosでの活動でBonoboやGilles Petersonもお気に入りのJanus Rasmussen(ヤヌス・ラスムッセン)の2人がそれぞれライブセットを引っさげて1月11日に強力ダブルヘッドライナーとしてVENTに初登場する。

Christian Löfflerは常に創造的でありたいという欲求に駆り立てられてきたアーティストだ。彼は10代前半で絵を描き始め、特定の感情ではないにしても何かの本質をアートを通して捉えようとしてきたという。自分の持つ創造的なビジョンを追い求めて、リスナーが否応なく引き付けられ心地よくなる優雅さと豊かさを持つ音楽を制作してきた。優れたトータルコンセプトと美的感覚を重要視する、自身が率いる〈Ki Records〉からの作品は日本のレコード屋でも非常に人気が高まっている。

アイスランド出身のJanus Rasmusseは、同郷のポスト・クラシカルの重要人物であるÓlafur ArnaldsとのグループKiasmosが日本でも有名だ。Kiasmosの作品はJon Hopkinsが引き合いに出されるほどで、電子音のアンビエンスとミニマル・テクノの美麗な融合が大絶賛されてきた。実験的なミニマル・テクノにおける新たなサウンド世界を探求し、クリエイティブな直感に従って制作されたソロ・デビュー作”Vin”は〈Ki Records〉からリリースされ、巧みなミッドテンポのリズム、そしてシンセとアンビエンスのテクスチャーの 融合がKiasmosの一歩先を行く作品と評されている。

シネマティックで繊細なテクノに定評のある〈Ki Records〉を代表する2人がそれぞれライブセットを披露す る新年早々のVENT。James BlakeやBjorkなどが好きな音楽ファンにも2人の創り出す優美な世界観を直に体験してみよう!

 

イベント情報

– Christian Löffler & Janus Rasmussen –
1月11日(土)at VENT

OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,600
FB discount : ¥3,100
ADVANCED TICKET:¥2,750

【ROOM1】
Christian Löffler (Ki Records) – Live
Janus Rasmussen (Kiasmos / Ki Records) – Live
And more

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

<詳細はこちら>
http://vent-tokyo.net/schedule/christian-loffler-janus-rasmussen/

<Facebookイベントページ>
https://www.facebook.com/events/533681607214512/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!