svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Contactのレジデント・シリーズ「Trilogies」の12月度にBTCの総帥・GOTH-TRADが登場!

ダブステップ・ベースミュージックパーティの最高峰“Back to Chill”

Mixmag Japan | 5 December 2021

GOTH-TRAD, GOTH-TRAD Back to Chill, BTC Contact, mixmag

ContactのレジデントシリーズTrilogies12月度に、ダブステップのパイオニアGOTH-TRADが登場。

ダブステップの国際化が加速を始めた2005年にはすでにグローバルなシーンのただ中に彼はいて、現地の強烈な熱とともに日本にそのシーンを輸入、普及させた。その強い探求心は、セレクターではなく音楽の制作に比重が置かれており、そのクオリティの高さが世界最高峰と呼ばれるゆえんにもなっている。優れた聴覚と圧倒的な電子音楽科学、巨大なイマジネーションから生まれる立体的な音楽は、強烈な音圧をともなって中毒者を増やし続けている。

最盛期を過ぎたとも言われるダブステップシーンの中で、昨今のGOTH-TRADのプロダクトは、ダブステップというジャンルを織り交ぜながらも優に超越し、ポストダブステップの新たな分岐を生み出しながら一層輝きを増している。日本に根強い人気を持つこのシーンを築いたオリジネーターの三部作の解放だ。

主宰GOTH-TRADがUKのダブステップ・シーンと繋がるきっかけとなった自身のタイトル「Back To Chill」を由来に、2006年に始動した同名のパーティーは日本初のレギュラー・ダブステップ・パーティーとして話題を呼び、国内のヘッズのみならず、海外のベース・ミュージック・ファンからも注目を集めている。今やダブステップ/ベースミュージック・パーティの最高峰かつ代名詞にもなっており、深夜の渋谷地下を大きく揺るがす。

メインフロアでは、日本ダブステップ・シーンの頂点GOTH-TRADの信頼のもと、スタート時からパーティーを支え長年日本のアンダーグラウンドシーンで支持を得る100madoや、ホームレーベル〈Samurai Horo〉や〈Nullpunkt〉〈Arma〉など先鋭的な海外レーベルを中心に多数の作品をリリースするENAのほか、〈Trusik Recordings〉からのリリースなど今後シーンを支える上で欠くことはできない存在のHELKTRAM、〈Gourmet Beats〉を皮切りに〈Wheel & Deal Records〉や〈DNO Records〉からのリリースなどで注目を集めるCITY1、〈FKOF Records〉からのリリースで特異な電子雑音的地下重低音をアプローチするMØNDAIGAIなど、錚々たる顔ぶれをレギュラークルーに名を連ねる。この強力な布陣によってContactのスピーカーをフル稼働させるベースミュージック・ギャザリングが、渋谷の地下で密かに繰り広げられる。

Contactフロアにおいては、2021年の日本におけるアンダーグラウンドな重低音シーンにおいて欠かせない面々が強力にサポート。Foyerフロアではアンビエントノイズ~アヴァンギャルド~レフトフィールド・テクノをテーマに、OPTRONやZVIZMOでの幅広い活動で知られる伊東篤宏を筆頭に、チル&カオスな空間を演出。


■ Trilogies – GOTH-TRAD – Episode 1 -Back to Chill 15th Anniversary-
GOTH-TRAD, GOTH-TRAD Back to Chill, BTC Contact, mixmag
<イベント詳細>
https://www.contacttokyo.com/schedule/trilogies-gothtrad-1/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!