svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

James Blake、Bonobo好きはマストチェック!Dauwd、来日公演VENTで開催

2年ぶりとなる来日公演ではさらなる進化を遂げたパフォーマンスに期待をせずにはいられない!

Mixmag Japan | 18 February 2020

ポスト・ダブステップのシーンからさっそうと現れ、世界的な名門レーベルから引く手数多の才能、Dauwd(ダウド)が急遽来日。2月22日(土)に表参道VENTに登場する。

耳に心地よい電子サウンド、美しく重ねられていくサウンド・テクスチャー、そして何よりも新世代のアーティストならではのフレッシュな感覚。リリースを重ねるごとに新しい世界観を聴かせてくれるDauwdは、アメリカ出身でウェールズで育ち、いまではベルリンを拠点にしながらクラブイベントやラジオ、エキシビジョンの開催など幅広い分野を手掛けるアーティスト集団African Acid Is The Futureの一員としても活躍している。

また、エンジニアとしての腕前も持つDauwdは、2011年にダブステップのレーベル〈Pictures Music〉より『What’s There』でデビュー。これはカルトヒットとなり、再発されるまで中古盤が1万円を超えるプレ値で取引されるという異常事態になった。その後は、チルハウス、ダウンテンポ、テックハウスといった作品にも果敢にチャレンジし、〈Ghostly International〉、〈Kompakt〉などの名門レーベルからのリリースを経て、2017年には〈Ninja Tune〉のサブレーベル〈Technicolour〉よりファースト・アルバム『Theory Of Colours』をリリース。デトロイト・ハウスとクラウトロックからの影響を受けた作品は大きな話題となった。

Dauwdの創り上げる美麗なエレクトロニック・サウンドは、初期のJames Blakeや、Bonobo、Kiasmosを彷彿とさせる言っても過言でない。2年ぶりとなる来日公演ではさらなる進化を遂げたパフォーマンスに期待をせずにはいられない!

イベント情報

– Dauwd –
2月22日(土)at 表参道VENT

OPEN:23:00
DOOR:¥3,600/FB discount:¥3,100
ADVANCED TICKET:¥2,750

【ROOM1】
Dauwd
JEMAPUR
Mamazu & YO.AN (Hole and Holland)
SIGNAL (Sammeln / ZERO GRAVITY / Release)

And more

<イベント詳細>
http://vent-tokyo.net/schedule/dauwd/

<Facebookイベントページ>
https://www.facebook.com/events/2755233497924500/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!