svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

DISCOGS、非公式リリースの販売をブロックすることによりプラットフォームの改善を図る

「購買者と販売者を共に守る必要がある」

Mixmag Japan | 1 September 2017

オンライン・ミュージック・マーケットプレイスのDiscogsは、非公式なリミックスやエディット、ブートレッグ盤などの販売を制限することに決定した。

DiscogsのCOO、Chad Dahlstrom氏がRAに提供した声明によると、直近の規制は販売者契約を履行するために定められたようだ。契約書は、著作権や登録商標、その他の知的所有権を侵害する商品の販売を明確に禁止している。これらには、ライセンスを受けていないブートレッグ盤やエディット、リミックスなども含まれる。

Dahlstrom氏は会社が進化の過程であり、さらにサービスを向上する方針についても簡単に触れた。「我々はこの一年、契約書に記載のある方針を積極的に履行できるようなリソースを追加しつつ、デジタルミレニアム著作権法による削除依頼にも対応して来た。また、各レーベル、出版社、アーティストとも連携し、これらのアイテムが浮上した場合は速やかに削除するなど、苦情や削除依頼には迅速に対応している。

非公式のレコードはDiscogでの販売が禁止されているが、引き続きレーベルのカタログ等には登場する。

「我々のミッションはこれまでと変わらず、物理的な音楽ソフトについての世界最大のデータベースとマーケットプレイスの提供だ。そのミッションを達成するためには、購買者や販売者と共に、アーティストやレコードも全力で守らなければならない。」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!