svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

現場が戻りつつある英国で、8割以上の音楽ファンがフルキャパシティのライブに参加する意思を表明

各ベニューが営業を再開して1か月、調査対象の半数が再びライブに足を運んでいる

Mixmag Japan | 21 August 2021

UK クラブ, イギリス クラブ, イギリス コロナ, mixmag

音楽チャリティ団体「The Music Venue Trust」が実施した調査によると、1ヶ月前に英国でライブハウス(あるいはナイトクラブ)が営業を再開して以来、半数以上の音楽ファンが既にライブに参加しており、さらに30%の人がフルキャパシティのライブに行く準備をしていることがわかった。

この16ヵ月間、音楽シーンは経済的に最も大きな打撃を受けた業界のひとつだった。

パンデミック前に定期的にライブに参加していた1891人を対象とした調査では、82.1%の人が「既にフルキャパシティのライブに行ったことがある」または「行く予定がある」と回答している。そのうち91.3%はイベントに参加する前に完全にワクチンを接種、または陰性反応のいずれかを証明していたという。Music Venue Trustの最高責任者であるMark Davyd氏は、「今回の調査結果は“安全な空間を作ろう”というライブハウスコミュニティの意志を明確に示しています」と述べている。また、調査への反応は「信じられない」ものであり、同氏は会場とファンの双方が“自分自身とお互いに責任を負い、すべての会場を安全に再開するために行動する”ことができたことの証明だと評価した。

現在、英国では8800万回のワクチン接種が行われており、そのうち4100万回は2回目のものだ。4700万人が1回目の接種を受けており、これは人口の70%以上にあたる。

ベニューごとにルールが異なるが、ほとんどの店舗でワクチン接種済みの証明書の提示(あるいは陰性反応の証明)を行う必要があるという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!