svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

映像音楽アートプロジェクト「ETCHED」の第3弾にWata Igarashiが登場!

RAが選ぶ「2020年のベスト・トラック」に日本人

Mixmag Japan | 14 January 2021

第1弾の伊豆・下田で収録されたKaoru Inoue、第2弾の福島県・裏磐梯(うらばんだい)で撮影した音楽家Sakura Tsurutaに続く、第3弾には日本のテクノシーンを代表するプロデューサーWata Igarashiがライブセットで登場。

撮影は長野県と山梨県の県境、八ヶ岳の南西、リゾート地として知られる清里、高原野菜の産地として知られる川上村、野辺山地域を中心に行われた。Wata Igarashiの緻密で陶酔感のあるサウンドデザインは、ドローン撮影でのダイナミックな風景の浮遊感、疾走感はもちろん、意識を一点に集中させていくような映像とも非常に相性の良い化学反応を起こしている。

今回”山や木々に宿る生命”や”万物にやどる力”というコンセプトを軸にWata Igarashiの貴重なライブセットを披露するのに相応しいロケーションを求め、八ヶ岳/南アルプス/奥秩父連山に囲まれる自然豊かなロケーションが選ばれた。なかでもWata Igarashiの演奏シーンは、1982年3月の開所以来、国内外の多くの研究者により電波天文学の研究や装置の開発・改良などが行われ、これまで世界をリードする研究成果が多数生まれてきた場所、国立天文台 野辺山宇宙電波観測所(Nobeyama Radio Observatory)にて撮影を実施。都市部からの電磁波が及ばない山間部で、宇宙との対話を求め続けるこの施設で撮影できたことは、今回の映像作品のコンセプトをより強くした。そして、何よりもWata Igarashiの音楽との素晴らしいマリアージュは、精神の中で宇宙旅行に旅立つような感覚を堪能できる。

昨今の研究費削減の中で、国立天文台 野辺山宇宙電波観測所は施設閉鎖の危機に瀕している。ふるさと納税型のクラウドファウンディングが立ち上げられているので、そちらもぜひご確認いただきたい。期限は2021年1月18日まで。


■ ETCHED 003 巡感
アーティスト:Wata Igarashi
撮影地:日本・八ヶ岳
ETCHED YouTubeチャンネル
https://bit.ly/2QC73zz

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!