svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

リチャード・ラッセルが指揮を執るコラボ・プロジェクト、エヴリシング・イズ・レコーデッド新章始動!

新曲「10:51PM / THE NIGHT」のコラボレーターには、ロンドン在住の新鋭アーティスト、バーウィンやアイルランドのゴールウェイ発のアヴァンポップ・アーティスト、マリア・サマヴィルが参加している。

Mixmag Japan | 28 January 2020

Photo by Ed Morris

アデルやレディオヘッド、キング・クルールなど数多の著名ミュージシャンを輩出してきた英名門レーベル〈XL Recordings〉の総帥にしてデーモン・アルバーン、ボビー・ウーマック、イベイー、ギル・スコット・ヘロンらのアルバム作品のプロデュースワークでも知られるリチャード・ラッセルのコラボレーション・プロジェクト、エヴリシング・イズ・レコーデッドが突如最新シングル「10:51PM / THE NIGHT」を発表した。

エヴリシング・イズ・レコーデッドの『Everything Is Recorded』には、サンファ、イベイー、ウィキ、カマシ・ワシントンら〈XL Recordings〉およびその傘下レーベル〈Young Turks〉の人気アクトが多数参加。アルバムはマーキュリー賞にもノミネートされ、英音楽誌Q Magazineは「コラボレーションという芸術分野における最高傑作」と絶賛するなど、各メディアからも高い評価を得た。

そのデビュー・アルバムリリースから約2年ぶりとなる今回の新曲「10:51PM / THE NIGHT」数日間で作曲され、レコーディングされたという。新曲のコラボレーターには、今回がデビューとなるカリブ海にある島国トリニダード・トバゴ出身でロンドン在住の新鋭アーティスト、バーウィンやアイルランドのゴールウェイ発のアヴァンポップ・アーティスト、マリア・サマヴィルが参加している。90年代の米ローファイ・ロックを代表するSSWビル・キャラハンによるスモッグ名義のトラック「Hollow Out Cakes」のサンプリングを軸にして展開され、作曲/レコーディング中に彼らが味わったという「何が起きてもおかしくない」というスリリングな感覚を映し出した楽曲となっている。

リリース情報

Everything is Recorded「Everything is Recorded by Richard Russell」
NOW ON SALE

label: XL RECORDINGS / BEAT RECORDS
price: 2,200円(+税)
国内盤特典:ボーナストラック3曲追加収録/解説・歌詞対訳封入

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9283

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!