svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Francis Inferno Orchestraがアンビエントの新作LP「Veranda Culture」を発表

10月6日の発売に先立ち1曲目「Allodynia」が視聴可能に

Mixmag Japan | 1 September 2017

Francis Inferno Orchestraがセカンド・アルバム「Veranda Culture」を発表した。

ロンドンを拠点に活動するメルボルン出身のプロデューサーは、10曲入りの最新LPで、ニュー・エイジ・アンビエント、リズミカルなパーカッション、そしてこだまするシンセの調和を図る静寂系サウンドで本人未踏の境地に進出する。

故郷とロンドンに跨り三年の歳月を経てレコーディングされた本作は、FIO aka グリフィン・ジェイムスがメルボルンのレコード・ショップLiquorice Pieでギリシア生まれの米国で活動する作曲家、Iasosのデビュー・アルバム「Inter-Dimensional Music」を発見してから制作を開始した。アルバムの作曲は、UK首都の活気に気圧されながら、人生のバタバタした時期を過ごしていた頃にロンドンで完成した。

同名レーベルの第1弾となる本リリースは、本年の前半に、Fantastic Manと共同で運営するメルボルンのレーベル、Superconscious Recordsからリリースされた「Oasis and A Time」EPが醸し出す、90年代にインスパイアされたダンス・フロア向けの方向性を踏襲している。

「Veranda Culture」の「Allodynia」は下記で視聴可能。レコードは10月6日に発売される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!