svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

SPECIAL

Get Over The COVID-19 【02】

新型コロナウィルスを乗り越えるための、ステイホーム時間の過ごし方

Mixmag Japan | 2 May 2020

【02】
okadada
BUDDHAHOUSE
Aspara
YonYon
REN YOKOI
Yoshinori Hayashi

Okadada

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
もともと家にずっといることが多いので、本やゲーム、映画はもちろん、料理や掃除など、家事に定期的に一工夫加える等がおススメ。具体的には新しい器具を買ったり、いままでしなかったメニューを作る等。長期化していくなら毎日成長が実感できるような、新しい物事を習得していくのが良いと思う。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
なんだかんだ仕事で週一くらいで人に会っているのでまだ実感がない。もともと2週間とか人に会わなくても大丈夫なので、今のところあまり変わらないけど、さらに長期化していく中で、自分と社会というか、他人との関係がどうなっていくのか気になる。

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください

1.
ダイアンのよなよな」(ラジオ番組)
パーソナリティー : ダイアン

音楽をあまり聴いていないし、話声が流れている方が良い。もともと芸人のラジオ好きだけど、一番意味がなくて熱さがないのがいいので、だらだらバックナンバーを流している。

2.
「ミシェル・フーコー講義集成 13 真理の勇気」(本)
作者:ミシェルフーコー

ありがちだが、現代の疫病による社会の管理から生権力を連想してネット上の論文を斜めに読んでいたら、最晩年の「パレーシア」という概念に興味を持って、まだほとんど読んでないですが……今は語る勇気について考えたい。

3.
「返校 DETENTION」(ゲーム)
カンパニー:RED CANDLE GAMES

4年ほど前に買って積んでいた、台湾のインディーゲーム。評判通りの面白さ。政治と個人の人間関係が不可分に絡んでいくゲーム的な語りに、圧倒された。次作、還元 DEVOTIONが政治的に抹殺されたのが残念で仕方がない、というかやりたい。

▷INFO&MESSAGE
どうなるかわかりませんが宛もなく作っていた音源をだしていきたいです。

▷URL
Twitter
Instagram

BUDDHAHOUS

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
家にたくさん居るので、楽曲制作やMIX作ったりしてると思いきや全然そんなことなくて、Netflix観たりひたすらゲームやったり沢山寝たり、もう一生来ないと思ってた小学生の夏休みのような毎日を過ごしてます。辛いこともたくさんあるので、できるだけストレス溜めないようにしてます。ほぼ赤ちゃんです。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
別に外に出ることが嫌いなわけでは無いのですが、もともと完全に休みの日は家から一歩も出たくないタイプでして、ただ、ずっと家に居ると謎に罪悪感が湧いてバッドに入ってしまうので、STAY HOMEという免罪符のもと引きこもれるのは良いことだなと思いました。めちゃくちゃポジティブに考えれば。

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください。

1.
「美味しんぼ」(アニメ)
原作:雁夜哲 作画:花咲アキラ

もともとまったく観たことがなく、時間もあるしこの機会に……と思い、アニメ版の方を観ています。料理を題材にしたヒューマンドラマとしてフツーに話が進んでいくのですが、急に癇癪起こしたり、包丁振り回したり、冷静に考えてみるとイカれた人が多く最高です。そして、音楽やってる人はジャンル問わず何故か「美味しんぼ」好きな人が多い。

2.
「BIOHAZARD RE:3」(ゲーム)
メーカー:CAPCOM

99年発売の「バイオハザード3」のリメイク作。前作にあたる「2」のリメイク「RE:2」が超傑作で、ゲーム上で完全にやることがない状態までやり込んだのですが、今作は、前作から1年での発売ということもあってか若干物足りなさがありました。面白かったけど。ただ、同梱されている「バイオハザード レジスタンス」というマルチプレイ対応のオンラインゲームが面白すぎて、こないだ気付いたら18時間ぶっ続けでやってました。ダメな大人ですね。

3.
Second Language」(EP)
アーティスト:Minor Science

せっかくなので良かった音楽も。Minor Scienceの4月にリリースしたこちらのアルバムが面白かったです。IDMのような複雑な構成の楽曲が多く、BPMやビートの打ち方も幅広く、バリエーション豊かな内容で本当に多才です。四つ打ちやベースミュージック、ブレイクビーツなど通ってきた自分にとってとてもしっくりくる内容でした。エネルギーに満ち溢れていて聴いていて創作意欲が掻き立てられるアルバムです。自分もゲームばっかやってないで曲作らないと。

▷INFO&MESSAGE
主催レーベルの〈FRUIT PARLOR〉から3月は、僕による「Teledance」、5月は福岡県在住のプロデューサーCozzleによる「After the festival」がリリースされます。あと毎月第1火曜22:00からネットラジオ局blockfmにて「富ヶ谷フルーツパーラー 富ヶ谷本店」も放送中なので、ぜひチェックしてみて下さい。みなさん大変だと思いますが醜くてもしがみ付いて絶対に共に乗り越えましょう。

▷URL
Twitter
Instagram

Aspara

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
3月末で退職してからストレスを感じることが極端に減ったので大したことはしていないのですが、もともと好きだった料理や家事全般に割く時間が圧倒的に増えました。今のところ飽きずに楽しみながらやれているので、これまで出来なかった仕込みに時間がかかる料理やお菓子作りにもチャレンジしたいです。
自由な時間は前に比べてかなりありますが、音楽はあまり聴いてないかも。なかなか聴く気になれないというのが正直なところですが、何かしなくては、とは思わずやりたいことやるのがストレスを溜めない秘訣かも。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
料理以外に晴れた日は2時間程度家の近所を散歩しています。去年引っ越しをしてから家の周りに何があるかあまり把握していなかったんですが、少し足を伸ばした先に良さそうな居酒屋やお店をいくつか見つけたので営業再開した暁には10万円携えて全部行きたいです。

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください。

1.
Serwed II」(アルバム)
アーティスト:Serwed

モスクワのアーティストFlatyとOLによるユニットSerwed2枚目のアルバム。IDMは去年からかなり意識して聴いてます。かっこいい!

2.
「Celulitis Illuminati」(EP)
アーティスト:Dick El Demasiado

巨匠のベスト版。トラディッショナルなんだけど何かがおかしい不可解な構成の釣瓶打ち。

3.
世界消しサカ協会 Nobuyuki Tsuchiya WEFA」(YouTubeチャンネル)
作者名:つちやのぶゆき

お笑いコンビ ナイツのツッコミ土屋伸之のYouTubeチャンネル。本人考案のキン消し(キン肉マン消しゴム)を使ったサッカーボードゲームの試合やチャレンジ企画を淡々とアップロードしているのですが、何が面白いのか全くわからず気になってずっと見てます。至極ミニマルな構成、ナレーションもなし。本当に本人がやってるのかも不明。何が面白いんだ。

▷INFO&MESSAGE
クラブやバーの営業自粛期間中はコンスタントにDJ MIXを発表できたら良いなと思います。健康で、またすぐに会いましょう。

▷URL
Twitter
SoundCloud

YonYon

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
実家に住んでいるので、自分の部屋の片付けはもちろん、両親が手の届かない家全体のお掃除を黙々とやり続けていました。不用品をリサイクルショップに出したり、メルカリで売ったりと、DJの現場がない分、お小遣いはこちらでなんとか(苦笑)。ずっと家にいる分、長時間のMIXを垂れ流しに聴いたりできるのは、普段できなかったことなのでインプットに繋がって嬉しいです。私もプレイリストを作ったり、新しいMIXを上げたりしているので、皆さんのテレワークにお耳のお供になれたら嬉しいです。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
人間がいかに自然に対して、脆い存在であるのかがよくわかりました。人間の手で作られた社会のシステムが、いかに自然の摂理と反し、差別的なものであったのかが今回の一件で浮き彫りになったと思います。世界中が緊急事態に陥り、一部の経済活動も強制的に制御され、こんなにも呆気なく全てを奪われてしまう社会構造そのものが間違っていることを自覚するべきだと思いました。社会は他の誰のものでもなく、自分たちのもの。「今を生きる」とはどういうことなのか、自分にとっての「本当の幸せ」は何かを1人1人が考え、自分たちで動いていかなくてはなりません。まずは身の回りの大事な人達をどう守るべきか、身近なところから考えていくようになりました。

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください。

1.
Konbini Radio (DJ MIX)
DJ:Joe HertzのMIX

ロンドンやパリを拠点とするカッティング・エッジメディア ‘Konbibni’が提供している、Konbini RadioのMIXを聴くのにハマっています。私はSoundCloudを通じて聴いているけど、独自のラジオアプリ(日本でいうradikoみたいなもの)があったり、Youtubeチャンネルではアーティストのショートインタビュー・ムービーが掲載されたり、All pop everythingが企業理念だそうですが、Stay HomeにぴったりなMIXがたくさん掲載されています。私が過去にDJで共演したヨーロッパのアーティスト達が軒並みMIXを提供していて、身近に感じて聴き始めました。ディープハウスやチルなR&Bの要素多めです。作業BGMにかなりオススメ。

2.
「I Am Mother」(映画)
監督:Grant Sputore

最近、何気なく映画を観てると、未来に何かを暗示させるようなメッセージを受けたり、自分の価値観をガラリと変えてしまうような作品に出会うことが多々あって。この映画もその一つなので紹介しておきます。人類滅亡後の世界を描いたベターなテーマのSF映画ですが、あらすじとしては人工知能を持つロボット(ドロイド)が閉鎖された無人の再増殖施設内(シェルター)で、1人の人間の少女を育てるというお話。母親代わりのドロイドのもとで高度な教育を受けながら健やかに成長した彼女は、外の世界は汚染されていると教えられ、施設から出ることを固く禁じられます。様々な試練、課題を乗り越え、最終的にはドロイドが認める完璧な人類の母’Mother’となり、新しい世界の幕開けとなります。映画の中では直接的に描写されていませんが、AIは人類が自らを破滅させることを予想し、本当の終わりが来る前に、選ばれた遺伝子をノアの箱舟の役割であるシェルターに保護した後、人類を一度全滅させた後で新しい完璧な世界を作り直そうとしていたのです。もし地球全体がそもそもどデカイシェルターだったら、私たちは地球以外の外の世界を知りません。私たち1人1人が計画されて作られたものだとしたら、それぞれ当てはめられた役割がきっとあって、それを守り抜くことを辞めてしまった時には、どうなってしまうのかなと考えてしまいました。

3.
「サウスパーク」 (アニメ)
原案:トレイ・パーカー、マット・ストーン

2019年秋にシーズン15~21までの吹き替え版がNetflixで一気に公開され話題となりましたが、以後の最新シリーズがかなり身近に感じる社会風刺をテーマとしていて、最初はストリーラインが馬鹿馬鹿しすぎて観るのが嫌だったんですけど、友達にかなり強くお勧めされてからだんだんと観るようになりました。これでもかというほど、政治家や名だたる大企業を大っぴらに批判し、リアルな時事ネタや、実在する人物を登場させてネガティブな話題を誇張して笑いをとっては、実社会にも影響を与えてしまうほど、世界中でかなり人気みたいですね。ちゃんと社会史・経済史の勉強をした後に、このアニメを観ると、次に起こりうる未来も見えてきます。時間のある方は是非。

▷INFO&MESSAGE

世界中の医療従事者の皆様に感謝申し上げます。
毎日暗いニュースで溢れて精神的にも物理的にも辛いと感じる瞬間が多々ありますが、今まで気付かなかったいろんな大切なものに気づかされて、この困難を身をもって体験している私たちは、あのときラッキーだったなと思えるような未来を迎えられるよう、皆さんとともに乗り越えて行きたいです。きっと大丈夫。今よりずっとずっと強くなれるはず。

▷URL
Official HP
Instagram
Twitter

Ren Yokoi

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
この期間、自分を見つめ直し今後の活動やシーンについて深く考えることが多いです。今自分のできることはなんなのか? また今後はどのように行動すべきか? すべては自分の夢のため。今までこの様に立ち止まることもなく駆け抜けていたのでいい機会だと思います。後は自分の今まで知らなかったことを調べる機会も多く、映画などを観て感性を養っています。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
映画の素晴らしさ。映画は映像だけでなく、音も含めた総合的芸術作品であるということ。今まではアクション映画やコメディーばかり観ていましたが、もっと知的かつ心情に訴える映画を知り、またそれにより自分の中で学ぶ事も多かったです。今後は自分の音楽に映画で得た感性などを反映できる様に取り組みたいと思います。伝えたいメッセージを明確に持つことですね。

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください。

1.
「The Holy Mountain」(映画)
監督:Alejandro Jodorowsky

芸術とは何か? 人とは何か? この映画は、何も考えずに観ると理解しがたい部分が多いと思いますが、実際はすごく緻密に考えられており一つ一つにJodorowskyのメッセージが詰まっている。いろいろ気付かされることも多く、自分の人生の中でもトップクラスに響いた映画でした。

2.
「あの夏、いちばん静かな海」(映画)
監督:北野武

挑戦をすることの美学。人は挑戦をやめたらそこで終わりだと個人的に思いました。周りにどの様に蔑まされても、挑戦を続けることによって人は集まる。自分も周りに流されず、自分の信念を貫くことを再確認しました。あと、久石譲はやはり天才だな、と。いつか映画音楽にも挑戦してみたくなりました。

3.
Boiler Room: Streaming From Isolation」(DJ MIX)

今、Boiler Roomで行われている各アーティストのライヴミックスシリーズ。特にFour TetDisclosureが良かったと思います。先日自分がGH Streaming (Global Heartsによるライブストリーミング) に出演した際、これらよりヒントを得て、ミックスの構成やメッセージ性を持つことができました。

▷INFO&MESSAGE
この期間中、いろいろなミックスを取る機会がありましたので是非皆様聴いてください。
GH STREAMING Apr. 17th REN YOKOI
OATH MIX VOL.10 FUNKTION -YUDAINI&REN-
また、今後発表されるものもありますので是非SNSを通じてチェックしてください。そしてInterFM 897、毎週金曜20:00-22:00生放送のTOKYO SCENEもよろしくお願いいたします!

▷URL
Instagram
SoundCloud

Yoshinori Hayashi

01. STAY HOME時間、何をしていることが多いですか?
トラックメイクと労働。去年の下半期からやっと音楽を生業と出来た。それなのに年明けからシーケンスに没頭してたらこんなことになって、気が付いたら小額の預金は底をついて(笑)
諸々の支払いと共に音楽制作のデッドラインもいくつか押し寄せてて、気は休まらなかった。
「こうしたら楽しい」について思い付くことがあるとすれば、重い腰を上げるってことだ。読物、音楽、映画なんかはもちろん、もっと普段の生活に関すること、なんでもいい、少し向き合うのを億劫に感じる文芸作品、事柄の方が本質的な楽しみに繋がるんだ。これは自分自身、そう生きたいという思いでもある。その活力が阻害されない為に権利を主張する事も「こうしたら楽しい」への秘訣だ。

02. STAY HOME時間を体験して、新たに気づいたこと、発見したことは何ですか?
こうなる前、あるヒップホップ三人衆(ネタモノ&スクラッチの権威と強面のアヴァンレコードオタク、下町の看板屋のラッパー)とトラックを作ろうと思って連絡をしてたんだけど、その計画は暫く休止となった。そして今になりその思いは更に大きくなって、ブレークを気狂いな水準でぶった斬りまくったジャングルや、ブレイクビーツに歩み寄ったダブ、ダークでくぐもったヒップホップのことを考えてる。
有機的で容赦のない音楽だと、再発見が有った。僕の中で一つ、膜を突き破った感覚だったのDeath.フゥ!

03. STAY HOME期間に聴いた音楽、DJ MIX、観た映画、映像、読んだ本など、おすすめを教えてください。

わかりました~!

1.
Dub Plate Pressure / The Game」(曲)

アーティスト:Mystical Influence / Sniper

上で話した様なジャングルの一つで、ハメはスクエアーにドドドドン、楽しくなったら2拍3連でターターター。ノリノリ。退屈な人間になるなと言われた気分。反省します。

2.
「her/世界でひとつの彼女」(映画)
監督:スパイク・ジョーンズ

OSに恋する男の話。直近で観た。私は先日、ガチなトーンで「恋の魔法」という言葉を発し自己嫌悪に陥った友人Nを、画面の向こうに励ました。友人Nも「ゲーセン、観覧車、クレープ」という私の発言に引きつつも軌道修正してくれた。
現在進行形、正気を保つのに精一杯だ。そんな輩に最適。
映画を観てると、気持ち悪い僕にも何か救われる事がと色々混同してくるが主人公の住んでるマンションが豪華で物語であることに気が付く。

「重い腰を」には逆行するが疲れた時でも観れる。けど濃厚、心の柔らかい所をクイクイやられてしまって後の祭り。

3.
Concerto in G Major – Adagio assai」(曲)
作曲者 : Ravel

音楽は様々な形態があれど、持続する驚嘆と共に癒し直すってこと。私もそう思います。これを聴くと色々な事が澄んでいきます。
私はスピってません。
絶対的ですねこれは。

▷INFO&MESSAGE
これからまたリリース続くかもです。
DJ配信にもちょくちょく顔出してます。
チェックして頂けたら嬉しいですぞ。

そして今、

皆が暇になれる現実をくれよ!!

▷URL
Twitter
SoundCloud

Edit:Kana Yoshioka

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!