svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

エレクトロ・ポップ代表格! ホット・チップ、最新作『A Bath Full of Ecstasy』を6月にリリース

国内盤CDにはスーパーオーガニズムによるリミックスを含む2曲を追加収録。

Mixmag Japan | 8 April 2019

ホット・チップが、〈Domino〉より最新作『A Bath Full of Ecstasy』を6月21日(金)にリリースすることを発表。同時に先行シングル「Hungry Child」のミュージックビデオが公開された。

ホット・チップは、ダンサブルなサウンドと、一度聴いたら病みつきになるキャッチーなメロディ、フロントマンを務めるアレクシス・テイラーの特徴的な歌声で世界的人気を博すイギリスのエレクトロ・ポップバンド。

新曲「Hungry Child」はアップリフティングなシンセサウンドに、ホット・チップ印のキャッチーなメロディー、UKガラージ風な躍動感あふれるパーカッション、そして甘美な歌声が乗ったダンスチューン。公開されたミュージックビデオの監督はカイゴのドキュメンタリー手がけたことでも話題の気鋭の映像作家、サマン・ケシュが務めている。

〈Domino〉からは3作目となる『A Bath Full of Ecstasy』は、彼らの素晴らしいキャリアをさらに更新すること間違いなしの最高傑作であり、その名を世に知らしめた特徴的サウンドが結実している。色彩豊かなメロディーと、他に類を見ない歌唱表現、思わず体を動かしたくなるエレクトロニックポップのリズムを用いて、多幸感や切なさ、ありとあらゆる感情を見事に一作品の中で表現している。また彼らは、本作で初めて外部のプロデューサーとの制作に挑戦し、フェニックスの魅惑的なサウンドを生み出したフランスの巨匠フィリップ・ゼダール、ザ・エックス・エックス、デイヴィッド・バーン、サンファらを手がけるスコットランド人プロデューサー、ロディ・マクドナルドの二人がプロデューサーを務めた。アートワークは、ピューリッツァー賞受賞アーティストのジェレミー・デラーが手がけている。

ホット・チップ待望のニューアルバム『A Bath Full of Ecstasy』は6月21日(金)に世界同時リリース。国内盤にはボーナストラック2曲「None of These Things」と「Spell – Superorganism remix」が追加収録され、歌詞対訳、さらに解説書が封入される。iTunesでアルバムを予約すると、公開中の「Hungry Child」がいち早くダウンロードできる。また限定輸入盤LPは、クリア・ヴァイナル仕様となっている。

リリース情報

Hot Chip『A Bathfull of Ecstasy』
6/21(FRI)ON SALE

国内盤CD BRC-603 ¥2,400+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説・歌詞対訳付き

【TRACKLISTING】
01. Melody of Love
02. Spell
03. Bath Full of Ecstasy
04. Echo
05. Hungry Child
06. Positive
07. Why Does My Mind
08. Clear Blue Skies
09. No God
10. None of These Things (Bonus Track for Japan)
11. Spell – Superorganism remix (Bonus Track for Japan)

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10215

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!