svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ビリー・アイリッシュにも影響を与えたSSW“ラプスリー”、新曲「Speaking of the End」MV公開

アルバム『Through Water』は、彼女の個人的な経験や大人になることについての物語がサウンドに反映され、水、気候、天気、自然などのテーマと重ね合わせられている。

Mixmag Japan | 17 March 2020

Photo by Alexandra Waespi

アデルやレディオヘッドなどが在籍する名門〈XL Recordings〉に所属し、自身のサウンドに大きな影響を与えたとしてビリー・アイリッシュがその名を挙げるなど実力派SSWとして知られるラプスリーが、3月20日にリリースする2nd アルバム『Through Water』から、新曲「Speaking of the End」のMVを公開した。

ラプスリーは2016年にデビューアルバム『Long Way Home』をリリース。DJコーツェによるエディットバージョンが世界中で流行した「Operator」や「Station」「Falling Short」などのヒット曲が収録されており、エレクトロニック音楽への関心が高い新世代のソングライターたちに大きなインスピレーションを与えた。そのデビューアルバムを経て、ラプスリーが若い女性へと成長を遂げる時期に作曲・録音されたという『Through Water』は、彼女自身が全曲作詞作曲/プロデューサーを手掛けた。アルバムの収録曲は100曲以上の中から厳選されたもので、彼女が新たに得た自信やアーティストとしての明瞭性や自己認識が反映されている。また、彼女の個人的な経験や大人になることについての物語がサウンドに反映され、水、気候、天気、自然などのテーマと重ね合わせられている。

先に公開されたシングル「Womxn」は、3月8日の国際女性デーのアンセムとして世界中で注目を集めた。TikTokは国際女性デーのオフィシャルテーマソングとして「Womxn」を選んだほか、テイラー・スウィフトは国際女性デーに合わせて公開した自身の公式プレイリストに同曲を選曲している。

リリース情報

Låpsley『Through Water』
03.20(FRI)ON SALE

label:XL Recordings / Beat Records
国内盤CD ¥2,200+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説・歌詞対訳冊子封入

【TRACKLIST】
1. Through Water
2. My Love Was Like the Rain
3. First
4. Ligne 3
5. Our Love is a Garden
6. Leeds Liverpool Canal
7. Sadness is a Shade of Blue
8. Womxn
9. Bonfire
10. Speaking of the End
11. Online *Bonus Track for Japan

<詳細はこちら>
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10826

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!