svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ロンドンのハックニー特別区に新規オープンするクラブ/バーに対する深夜営業の規制が決定

680人を対象とした調査で73%が反対

Mixmag Japan | 20 July 2018

東ロンドンのハックニー区にて新規オープンするヴェニューは真夜中に閉店しなければいけないという新しい決まりが議会の満場一致で可決された。

これは、ハックニー区の住民を中心に680人を対象として行った調査の結果、73%の多数がこの施策に反対したにも拘らずである。

同施策によると平日の閉店時間は午後11時。延長の許可を得るためには、営業が反社会的な活動に繋がらないことを証明する必要がある。

加えて、野外における活動に対して、午後10時の門限が新設された。対象となる特別区が広げられたことにより、新しいヴェニューのオープンはさらに難しいものになる。

ハックニーのPhilip Glanville区長によると、同施策は「既存の店舗には影響しない」とのことだ。

今回の決定を受けて、Four TetやPlasticianなどのDJが落胆の気持ちを吐露している。

[Via:Hackney Gazette]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!