svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

台湾発アンビエントデュオ、融化橋のデビューアルバムが日本盤でリマスター再発

中国伝来の古楽器とエレクトロニクスが美しく融合したハイブリッドサウンド。

Mixmag Japan | 22 January 2020

台湾発アンビエントデュオ、融化橋(Melting Bridge)のデビューアルバム『我們從明天來』が、2月19日(水)に日本盤でリマスター再発される。

カリフォルニア出身、台湾在住のアメリカ人ミュージシャン、John Tuckerと台湾人ミュージシャン、Pia Hsiehからなるデュオ融化橋。古筝や嗩吶、笛子、といった中国伝来の古楽器や環境音に、シンセサイザーやサンプラー、DAWソフトウェアといったエレクトロニクスを合わせることによって、ハイブリッドで実験的、それでいてどこかノスタルジックで温かみのあるアンビエントミュージックを生み出している。

本作は昨年の5月に、Meiteiなどのリリースで知られるシンガポールの新鋭レーベル、〈Evening Chants〉よりカセットテープでリリースされた彼らのデビューアルバム『我們從明天來』(英題:We Come From Tomorrow)の日本盤リマスター再発となる。彼らは創作において、「台湾の京都」とも言われる台湾南部の都市、台南から大きなインスピレーションを得ているという。台湾固有の歴史と伝統が根付く古都、台南の土着的なムードと、洗練されたエレクトロニックなプロダクションのせめぎ合いが生み出す混沌と美。「環境音楽」というよりは「環境音」そのもののような、その地に住まうものにしか生み出せない、リアルな情感を湛えている。マスタリングはベルリンのDUBPLATES & MASTERINGにてRashad Beckerが担当している。

リリース情報

融化橋『我們從明天來』
2月19日(水)日本盤リマスター再発

PRICE:¥2,273(税抜価格)+税
LABEL:MIDI Creative

【Track List】
1. 古箏故障
2. 貴人後派對
3. 我們從明天來
4. Moon Eater
5. 感官時光機
6. Dinosaur Persona
7. Teleport
8. DB2D in This World
9. Coral Amnesia

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!