svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

Dazzle Drumsが主催する複合パーティ「Music Of Many Colours」がContactで開催!

ゲストアクトとして、世界的に評価されているアーティストKuniyukiを札幌から招聘

Mixmag Japan | 16 November 2021

Dazzle Drums, Dazzle Drums Contact, mixmag

Dazzle Drumsが主催する、ハウス・ミュージックを軸にDJとダンサーがそれぞれの個性を表現し合うパーティ「Music Of Many Colours」。11月19日(金)にContactで開催される第14回目は、世界的に評価されているアーティストKuniyukiを札幌から招聘。オーガニックと電子音の緻密な融合から産まれるKuniyukiのライヴ・パフォーマンスは、音楽の力で「此処ではない何処か」に聴き手を誘ってくれる。

Studioのダンス・ショウケースには、ついにSYMBOL-ISMが登場。様々な芸術/思想を独自解釈し唯一無二な国産ハウススタイルを提示し進化を続ける二人が、今回どのような表現を繰り出すか目が離せない。毎回DJの選曲含め即興で行われ圧倒的な盛り上がりを魅せるダンス・セッションはMiss Mee、Kyo、Suna、GEN ROC、Karim、Jasmine。

また、Contactフロアでは南アフリカの音楽ジャンル、アマピアノを現地さながらの知識と解釈に基づいた表現力で日本に伝えるmitokonのDJに、アフリカンダンスに造詣のあるYacheemiを中心としたダンサーが呼応する形でセッションを行う。他にも仙台を経由し東京でさらに深化するBOWと、アフロハウスを交えながら幅広く選曲するMINAMIがゲスト出演。 Foyerは今回も若手を中心とした出演者をラインナップ。DJはKengoが推すYuki Shintani、NISHIMAKI NAOSUKE、Sharkboy。ShowcaseはMasae & Joki、GLADIO。そして、今回の公演でもレギュラーDJ、HEAVEN、SHOWHEY、KENGO、Dazzle Drumsは自身の楽曲を取り入れることで独創的なDJプレイを目指す。 パーティを刹那的ではなく表現の蓄積として捉え、回を重ねるごとに存在感を強めてきたMusic Of Many Colours。1年振りの深夜開催で溢れる熱量を体験していただきたい。


■ Music Of Many Colours
Dazzle Drums, Dazzle Drums Contact, mixmag
<イベント詳細>
https://www.contacttokyo.com/schedule/music-of-many-colours-16/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!