svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

電子音楽&デジタルアートの祭典『MUTEK.JP 2021』が間もなく開催!

タイムテーブル&追加出演者も発表!

Mixmag Japan | 5 December 2021

MUTEK.JP 2021, MUTEK, MUTEK.JP, mixmag

今年で6年目を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典『MUTEK.JP』が12月8日(水)~12日(日)の5日間、「日本科学未来館ドームシアター」「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」「渋谷ストリーム ホール」にて開催される。全会場において、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を会場ガイドラインに基づいて行われる。

5日間のタイムテーブルが公開されると共に、追加出演者も発表された。

12月9日(木)『A/Visions 2』のAntibodies Collectiveによる舞台芸術作品『あらゆる人のための、誰のためでもない世界』にはコムアイがダンサーとして参加決定。

12月10日(金)『Nocturne 1』には、マルチメディアを通した表現をするJACKSON kakiの出演が決定。自作VRゲームをプレイしながら音楽を創造する画期的なライブパフォーマンスを発表する。彼は今年MUTEK.JPが実施した若手クリエイターを集うオープンコールから選出された。

12月12日(日)『Nocturne 3』には約30年ぶりにMUTEから新作アルバム『New Decade』をリリースしたアンダーグラウンド界のレジェンド、PhewがLive Setで出演する。

Phew – 「Into The Stream」

MUTEK.JP 2021, MUTEK, MUTEK.JP, mixmag

また、『MUTEK.JP 2021』の開催期間中、12月10日(金)〜12日(日)の3日間は渋谷ストリーム前の渋谷川にプロジェクションマッピングで没入体験できるアートインスタレーションの実施も決定。鑑賞無料で誰でも体験できる。

渋谷川に映し出される作品は、2022年夏に日本橋三井ホールで公開予定の視界一面に映し出された名画の世界に没入する新しいタイプの美術館「IMMERSIVE MUSEUM (イマーシブミュージアム)」の印象派からダイジェスト映像を初公開。川岸をキャンバスに描かれる名画を楽しんでほしい。

そして色彩と流動の持つエネルギーを用い、様々な素材を反応させることで生きている絵を出現させる「Alive Painting」シリーズを手がける画家・中山晃子が池袋西口公園「Global Ring」のために制作した作品を改変した特別編集版。

上記2作品が12月10日(金)〜12日(日)の3日間、18:00〜22:00まで1時間に3回上映される。

MUTEK.JP 2021, MUTEK, MUTEK.JP, mixmag

そのほか『MUTEK.JP 2021』では、12月11日(土)の夜に渋谷「WOMB」と共同開催でオールナイトでクラブイベントを実施決定。『MUTEK』のヴァーチャルプラットフォーム(virtual.mutek.org)にて無料のオンラインプログラムを公開中です。


■ MUTEK.JP 2021 Edition 6
2021.12.8(Wed.)~12日(Sun.)
@ 日本科学未来館ドームシアター、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、渋谷ストリーム ホール
オフィシャルサイト:
https://tokyo.mutek.org/
チケット購入URL:
https://tokyo.mutek.org/jp/tickets

 

Did you enjoy the blog?
Like me!

Get the latest.

Follow Mixmag Japan on Twitter!