svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

deadmau5とRichie Hawtinが共同でARゲームプラットフォームを開発

「Pokémon GO」を開発したNianticが手がける新しいプラットフォーム、「PIXELYNX」に注目が集まる

Mixmag Japan | 20 November 2021

deadmau5, deadmau5 ゲーム, RICHIE HAWTIN AR, mixmag

ジョエル・ジマーマン(aka Deadmau5)とリッチー・ホーティンは、ゲーム開発者と技術者のチームと協力して、まったく新しいゲームを制作中だ。その名も「PIXELYNX」。ゲーム業界のベテランであるBen Turner、Dean Wilson、Inder Phullのサポートを得て、両氏はARの世界を創造するために尽力している。

このゲームプラットフォームは「Pokémon GO」や「Ingress」、「Pikmin Bloom」などを開発したNiantic社との契約締結後にリリースされる。

【もう一度読みたい】 Z世代は「ゲーム」から音楽を見つける

PIXELYNXは、NianticのLightship PlatformとAugmented Reality Developer Kit (ARDK)を使用する。このツールは、クリエイターがARでゲームを開発する際に役立つもので、「世界規模での動き、探索、つながりを刺激する」ものである。また、このプラットフォームは「バーチャルワールドのエコシステム」としても機能する。すなわち、“プレイヤーがNFTを用いて没入型の環境を創生し、ミュージシャンはバーチャルパフォーマンスやプレイアブルな体験をオーディエンスに向けて提供する”というものだ。プレイヤーは、ジョエル・ジマーマンとリッチー・ホーティンが創り出す新しいバーチャルワールドを旅することで、音楽、諸々のリワード、ゲーム内の資産、賞品を集めることができる。

この新プロジェクトについて、共同創業者のInder Phullは次のように述べている。「プラットフォームの立ち上げは2022年を予定しており、ファンが現実世界で新曲やNFTを集めることができるモバイルアプリの開発は、音楽のメタバースを作るという我々のビジョンの一部として常に存在していました。Niantic社のLightship ARDKを使ってモバイルゲームアプリを開発することで、ファンがどこに行っても我々のゲームを持ち歩くことができるようになり、デジタルと現実世界の体験を融合させ、ファンの体験を完全に独自の方法で豊かにすることができます」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!