svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

生配信音楽イベント「OTHERTHEQue!×Paratrum Live Stream supported by COCALERO」が開催決定!

サマーソニックにも出演したMaoも登場!

Mixmag Japan | 16 October 2020

OTHERTHEQue!, OTHERTHEQue! Spincoaster, mixmag

イベントの企画・制作・運営を行う「OTHERTHEQue!」が、10月18日(日)に生配信音楽イベント「OTHERTHEQue!×Paratrum Live Stream supported by COCALERO」を 20時よりSpincoaster Music Barにて開催する。さらに、YouTubeにて当日のステージを生配信することが決定した。今回の出演者はMao、Boys Get Hurt、mi2k1、Night Sushi、Mary-chan、Daiki Mochida。

“世界の音楽を日本に伝える”を活動の目的として、音楽レーベルとしての役割を持ち、イベントの企画制作から映像制作まで担当している「OTHERTHEQue!」。インターネットを拠点に、視覚、聴覚を刺激する“新たな表現方法”を提案している「Paratrum」。今回2つのグループがタッグを組み、新感覚の音楽イベントを音楽ファンに提供する為に本イベントは立ち上げられた。本公演は、ライブパートとDJパートで演出が大きく異なるのも見どころのひとつである。ライブパートにはラッパ-のMaoが登場。3台のカメラを使用したAR演出を用いて、出演者Maoのミュージックビデオ内に登場するアイテムや、曲のイメージに合わせた仮想現実を表現。また、3Dアバターを作成するエフェクト「In3D」により、Maoのアバターが配信画面上に登場してライブ配信を盛り上げる。DJパートには、NuDiscoシーンで人気を集めているBoys Get Hurtを始め、新進気鋭の5名のDJがラインナップ。出演者の動きに合わせて画面が伸びたり、ねじ曲がったりするような演出の「Slitscan」や、光の屈折を利用した、画面が揺らめく幻想的な演出の「Refraction」など、DJのリアルタイムな動きに合わせて作動するエフェク トを多く使用。視覚的にも音楽的にも、見ごたえと聞きごたえのある配信を楽しめるだろう。

なお、今回会場で楽しむことができるのは15名に限定されている。チケット、配信の詳細は下記に記載。

Mao – 「Don’t Wanna Dress Up」

OTHERTHEQue!, OTHERTHEQue! Spincoaster, mixmag


■ OTHERTHEQue!×Paratrum Live Stream supported by COCALERO
2020.10.18 (Sun.) 20:00~22:30
Mao
Boys Get Hurt
mi2k1
Night Sushi
Mary-chan
Daiki Mochida
Ticket: ¥2,000 (税込) ※15名限定入場
配信URL:
https://www.youtube.com/channel/UCWsqbdwH605DdsYWlek51oA
Twitter
Instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!